INTERVIEW
等身大の「私」を、まだ出会っていない人たちへ届けませんか?
サイト登場者(エルジービーター)募集

「女性として女性が好き」というより、「船越美紀として女性が好き」。【前編】

キリッとした出で立ちで、自信を持って人生を歩んでいる頼もしさがある船越美紀さん。話し方も明朗だが、「人見知りが激しくて、おとなしい子どもだったんです」と、今の姿からは想像できない過去の話が出てきた。同性に好意を抱くことにフタをすると、自分のすべてが塞がれるような気持ちになった。そこから抜け出す道のりを聞いた。

2019/09/26/Thu
Photo : Rina Kawabata Text : Ryosuke Aritake
船越 美紀 / Miki Funakoshi

1995年、大阪府生まれ。父、母、妹に囲まれて育ち、小学生の頃から女性に興味を抱く。高校生の時に女性への恋心に気づき、自身は同性愛者ではないかと認識し始める。体育系の女子大学を卒業し、現在はフィットネスジムのインストラクターとして働くかたわら、LGBTに関する講演活動も展開中。

USERS LOVED LOVE IT! 8
INDEX
01 何事も周囲に合わせるおとなしい子
02 学年トップから最下位への転落
03 “ドキドキ” する恋愛としない恋愛
04 誰にも言えなかった秘密の関係
05 自分の殻を破り日本を飛び出す覚悟
==================(後編)========================
06 海外で知った “さらけ出す面白さ”
07 引っ込み思案だった少女の覚醒
08 オープンになれたから実現できる夢
09 レズビアンでもバイセクシュアルでもない
10 すべての行動の原動力は “憧れ”

01何事も周囲に合わせるおとなしい子

引っ込み思案な少女

「今の私は、いろんなことに興味を示すタイプかな」

「でも、小さい頃は “好奇心” というものがほとんどなかったです。みんながやってることをやりたい、っていう普通の子でした」

大阪生まれ。家族は、両親と2歳下の妹。

「幼かった私は、人前に出るのが苦手で、親の後ろに隠れるようなタイプでした」

用事があって市役所に行っても、自分では動けず、「お母さん行ってきて・・・・・・」と、親を頼っていた。

「人との関わりが苦手で、『誰かに聞いてきて』とか言われても、行けなかったです(苦笑)」

「うまくしゃべられへんから関わりたくないし、恥ずかしかったんですよね」

幼稚園の先生からは、「ずっと1人でいるから心配」と、言われていたようだ。

「大きくなってから、親に『そんなことで心配されてたよ(笑)』って、言われました(苦笑)」

「幼稚園の頃から中学校くらいまでは、おとなしかったですね」

「でも、勉強とスポーツはできたので、友だちがいなくて困るってことはなかったです」

言葉にできない思い

小学生になってからは、みんなの仲介役のようなポジションだった。

「争いごとが嫌いで、できればどこにも属したくない、って気持ちがあったんです」

「自分の意見を発信すると、誰かしらに何か言われるじゃないですか」

友だちから、強く否定されたことがあるわけではない。
それでも、本当の気持ちを言ってはいけないような気がした。

友だちに「あっちで遊ぼう」と、言われれば、乗り気でなくても誘いに乗る。

親密な仲ではない友だちが相手でも、うまく断れない。

「いろんなことを考えてはいたんですけど、言葉にできなかったんですよね」

「だから、心の中はモヤモヤしたままでした」

中高生になれば、部活のミーティングで意見を求められることもある。

「1人ひとり絶対にしゃべらなあかん場が、本当に嫌でしたね」

「できれば振らないでください、って感じでした・・・・・・(笑)」

02学年トップから最下位への転落

満たされない優等生

小学生の頃から、成績は優秀だった。

「勉強は、できるから楽しかったし、好きでした。周りから褒められるのも、うれしかったんです」

中学生になると、毎日のように塾に通った。

「塾に行き始めたのは、自分の意思でしたね」

「親から『勉強しなさい』って、言われたことは、一切ないです」

勉強の原動力となったものは、「1番になりたい!」という気持ち。
実際に、中学校の3年間は、学年トップを走り続けた。

「1番になったら人気者になるというか、注目されると思ったんですよね」

「コミュニケーションはうまく取れないけど、みんなに好かれたいから、すごいものを身につけないと、って感じでした」

勉強もスポーツも秀でていた自分は、自ずと目立つ存在になっていた気がする。

「人気者という感じではなかったけど、何かあれば頼られていたように思います」

はたから見れば、充実した学生生活に見えていたはずだが、心の中では物足りなさを感じていた。

「集団の中心にいる持ち上げ役みたいになりたいな、って思いがあったんですよ」

「でも、おとなしい子ってイメージがついてるから、急に明るくしたらどう思われるかわからないじゃないですか」

「当時は、中心に立つ素質だけが自分には足りない、って思ってました(苦笑)」

得たものと失ったもの

学年トップの成績を誇りに、地元でも屈指の進学校に進んだ。

環境が一変する。

「ヤンキーが多かった中学と進学校の高校では、まったく雰囲気が違いました」

同じ中学の友だちはいなかったため、今こそ変化の時だ、と考える。

「同級生みんながゼロからのスタートだから、変われるんちゃうかな、みたいな」

意識的に明るく振る舞い、おバカなキャラに徹した。

「わーって騒いじゃうような、おちゃらけたタイプになれたんです」

その一方で、勉強の難易度がぐんと上がり、自分のレベルを思い知らされる。

「学年トップから、一気に学年最下位に落ちたんです・・・・・・」

「明るい性格は得られたけど、 “優等生” というイメージは失いました(苦笑)」

修学旅行で訪れた台湾では、現地の学生と交流する時間があったが、ろくに話せなかった。

「英語がまったくできなくて、私にとっては苦痛でしかない時間でした」

今振り返ると、中学時代は、学年トップを貫いたという成功体験が、自分を形成していたのだと思う。

だからこそ、成績というわかりやすい部分での挫折に、強い悔しさを感じた。

03 “ドキドキ” する恋愛としない恋愛

恋人と過ごす感覚

小学生の頃から、女の子に興味が湧く感覚があった。

「まさか恋だとは思わないし、友だちとして好きなんだと思ってました」

中学生になると、仲のいい友だちが男の子との交際をスタートさせていく。

「私も誰かとつき合わないといけないかも、って焦りましたね」

しかし、男の子を見て、かっこいい、とは思っても、つき合いたい、とは思わなかった。

そのタイミングで、自分に好意を寄せてくれている男の子が現れる。

その子から告白され、「いいよ」と答えた。

「つき合うって感覚を味わいたかったから、断らずにOKしたんです」

毎日メールをして、一緒に出かければ楽しかった。
女友だちのコイバナの輪に加われることも、うれしかった。

「だけど、すごくフィットするような感覚がなかったんですよね」

彼と一緒にいる時と友だちと一緒にいる時は、変わらないような気がしてしまった。

9カ月つき合った彼に、「受験勉強に集中したいから」と、別れを告げる。

女性に感じるドキドキ

高校では、女子バレーボール部に所属。

「同じ部活の先輩が、気になったんですよね」

話しかけてくれることがうれしくて、そのたびに胸がドキドキした。

「男の子とのおつき合いでは、感じられなかったドキドキでした」

「好きだと思ったんですけど、先輩は引退して、その気持ちはフェードアウトしました」

学年が上がり、部活に後輩が入ってくると、新たな恋の予感が。

「自治体が運営する自習室があって、私はよくそこで勉強してたんです」

「そこに部活の後輩の子も来ていて、一緒に勉強するようになりました」

2人きりで話す機会が増え、徐々に気持ちが近づいていった。

「行きたい場所がある時は、お互いに最初に誘うみたいな、特別な関係だったと思います」

手をつないだこともあり、カップルという形になれたらいいな、という気持ちが芽生える。

反面、今の関係が続いていけばいい、という思いもあった。

「結局、私が受験勉強で忙しくなってしまって、距離が離れていきました」

後輩とはいい関係を築けたが、交際に発展することはないまま、高校を卒業する。

みんなとは違う感情

「先輩や後輩に抱いたおもいは、恋だな、って感じてましたね」

「でも、周りには言いたくなかったし、言わなくても普通に生活できたんです」

恋愛の話が多くなる高校時代、女友だちはみんな、男の子の話をしていた。

「好きな人おる?」と聞かれれば、「別におらんけど」と答える日々。

「周りと違うことがすごく嫌だったんで、後輩との関係も誰にも言わなかったです」

中学の同級生に、「みんなと違う」という理由で、いじめられていた子がいた。

「いじめられたくなかったから、言えなかったところはあります」

「ただ、自分が女の子に好意を抱くことに戸惑ったり、嫌悪感を抱いたりすることはなかったです」

「男の子とつき合った時に抱かなかった感情が、女の子相手だと湧いてきたのは、確かだったから」

04誰にも言えなかった秘密の関係

夢を持てない理由

「小さい頃から、夢らしい夢がなかったんです」

「いい学校に入れば、いい会社で働けるのかな、って考えるくらい」

夢を抱けなかったのは、自分のすべてをさらけ出せていなかったからかもしれない。

「恋愛トークができないって、しこりがあったからかな」

オープンに生きていたら、もっと楽しく過ごし、夢も持てていたのだろうか・・・・・・。

先が見えない中で、男性になりたい、と思うようなことはなかった。

「ずっとボーイッシュだったんで、男だったら服を買うのもラクなのに、とは思ってました」

女の子っぽい服が苦手で、中性的なデザインのものを選んで着ることがほとんど。

「『かわいい』より『かっこいい』と言われる方がうれしい、って気持ちもあったんです」

「でも、女性社会で生きていくことは好きだったから、男性になりたいわけじゃないんですよ」

謳歌したかった大学生ライフ

進学先は、体育系の女子大学を選んだ。

「高校で成績は落ちたけど、スポーツは変わらずにできたんです」

教師からの「体育教師を目指したらいいんじゃない?」というひと言で、将来を決める。

「教師なら賢いイメージがあるし、スポーツにも関われるし、目指してもいいかなって」

「でも、大学では部活に入りませんでした」

スポーツ推薦で入ってきている学生がほとんどの運動部は、自分には本格的すぎた。

「大学生ライフを楽しもうと思って、めちゃくちゃアルバイトをしましたね」

塾にスポーツクラブ、カフェと、さまざまなバイトを掛け持ちした。

「バイト代は、基本的にファッションに使ってました」

「オシャレになってモテてみたい、って願望があったんです(笑)」

友だちに「いつもオシャレやな」と、注目されることが楽しかった。

2人だけの約束

大学に入って、すぐに仲良くなった同級生がいた。

彼女との仲は深まっていき、いつしか好意を抱くようになる。

「ちゃんとしたおつき合いがしたい、と思って、告白したんです」

彼女は「OKだよ」と、受け入れてくれた。

「つき合う前もつき合ってからも、2人で出かけるとか、することは同じなんですけどね」

「誰かに『つき合ってるんだ』って話すこともないから、2人だけの秘密みたいな感じでした」

「別れる」と宣言しなければ、離れられない関係。

「ただ、誰にも2人の関係を言えないことが、だんだん苦しくなっていきました」

「幸せなことを誰かと共有したい、って気持ちは、誰しもあるじゃないですか」

「友だちが恋愛の話をしてても、輪に入れないのが、苦痛でしたね」」

「周りに打ち明けたかったです」

でも、打ち明けて引かれる方が怖かった。

05自分の殻を破り日本を飛び出す覚悟

暗く沈む未来

彼女とつき合い始めて半年が経つ頃、彼女に言われた。

「特別に好きじゃなくなったから、別れたい」

あまりのショックに、その言葉を受け止めることしかできなかった。

「告白しない方がよかったんじゃないか、って思いました」

「思いを告げていなければ、『別れよう』ってことにもならないじゃないですか」

失恋の悲しみは深く、明るい未来はますます見えなくなっていく。

「また誰かとつき合っても、人に言えない生活が続くと思ったら、楽しくないなって・・・・・・」

「将来嫌だな・・・・・・って気持ちでしたね」

できないことに挑む意味

失恋で塞ぎ込んでいる時、ある考えが頭をよぎる。

「自分を変えるなら今やな、って思ったんです」

「自分にとってハードルが高いもの、かっこいいと感じるものに挑んでみたら、変われるんじゃないかって」

大学入学時、海外留学という選択肢は少しも考えないどころか、外国への恐怖さえ感じていた。

その一方で、実際に留学している学生に、ほのかな憧れを抱いていた。

「自分にできないことがあるという事実がすごく嫌で、できることを増やしたい、って意識もありました」

「その1つが、海外に行くことだったんです」

高校時代に学年最下位という挫折を味わい、大学生活でも何も残せていない、と不甲斐なさを感じていた。

「当時の自分的には崖っぷちの状態で、海外に行くくらいの挑戦をしないといられなかったんでしょうね」

発展途上国でのボランティア

インターネットで、海外留学の情報を検索。

カンボジアでの学生ボランティアの情報がヒットする。

「1週間の滞在で、ホテルもついていて、約7万円だったんです」

「現地の子どもと触れ合えて、観光もできて、メリットが多かったんですよね」

ボランティアの公式サイトにはたくさんの口コミが寄せられていて、安心感があった。

発展途上国に行く不安よりも、未知の世界への期待の方が大きく、海外に赴くことを決意する。

「大学の人間関係がしんどくなっていて、知らない人と関わりたい気持ちもあったんです」

「違う環境に身を置いてる人と関わって、話してみたかったから、いい機会でした」

ボランティアの集合場所は、現地の空港。

見ず知らずの学生たちとの対面。

「日本を発つ時は、さすがに不安半分、期待半分って感じでしたね」

「でも、カンボジアの空港に着いた時点で、すべてが新しい感覚で、ワクワクしてたと思います」

 

<<<後編 2019/09/29/Sun>>>
INDEX

06 海外で知った “さらけ出す面白さ”
07 引っ込み思案だった少女の覚醒
08 オープンになれたから実現できる夢
09 レズビアンでもバイセクシュアルでもない
10 すべての行動の原動力は “憧れ”

関連記事

array(2) { [0]=> int(34) [1]=> int(27) }