INTERVIEW
等身大の「私」を、まだ出会っていない人たちへ届けませんか?
サイト登場者(エルジービーター)募集

好奇心に素直に、彼女と胸を張って生きていく【後編】

好奇心に素直に、彼女と胸を張って生きていく【前編】はこちら

2022/10/15/Sat
Photo : Yoshihisa Miyazawa Text : Hikari Katano
山本 千都 / Chisato Yamamoto

1992年、大阪府生まれ。いたずらっ子としてのびのびと育った。男性、女性と付き合った経験から、パンセクシュアルだと自認している。2022年4月に人材派遣会社の営業職に転身。約1年前から付き合っている同性パートナーと家族になりたいと考えている。

USERS LOVED LOVE IT! 6
INDEX
01 思うままに過ごした幼少期
02 いたずらがやめられない小学生
03 「クソガキ」恋愛カウンセラー
04 人気者の女子バスケ部部長
05 人間関係を円滑にするためのお付き合い
==================(後編)========================
06 定まらない進路
07 セクシュアリティは分類しなくてもいい
08 やりたいことを自由にやるのがモットー
09 パンセクシュアルとして声を上げること
10 彼女との関係を、いつかオープンに

06定まらない進路

バスケで埋め尽くされて・・・

高校は進学校に進んだ。引き続き、部活でバスケを続ける。

高校生活の合間にも彼氏ができたものの、中学時代と同じように、恋心を抱くことはなかった。

「バスケ強豪校で部活が忙しすぎて、構ってる暇がなかったんですよね。それで振っちゃいました(笑)」

「でも、当時は構ってる暇がないと思ってたんですけど、今振り返ると、多分そんなに相手に興味を持ててなかったんだろうな」

高校でも、「これが恋か!」と思えるような、心がときめく相手には出会わなかった。

芸術の道は諦めよう・・・

バスケに熱中する一方、高校卒業後の進路のことも考えていた。

「高校になると世界が少し広まって、そのなかには絵がうまい子もいるじゃないですか」

「そういう子の作品を見てると、自分の発想やデザイン力は、この子には勝てないなって思って・・・・・・」

小さい頃から興味のあった芸術の道を諦め、当時関心のあった心理学に進もうと決めた。

ただ、大学受験で失敗した。

「受験勉強めっちゃサボってたから、全然大学に受からなくって(苦笑)」

浪人して、大学進学を目指すことにした。

07セクシュアリティは分類しなくてもいい

初めての女性とのお付き合い

浪人中、高校生を相手に自分について話すボランティアに参加した。そこで人に興味を持つようになる。

「自分のことを話すために、今までのことを振り返ったり、自分の将来に向き合ったりしてました」

「ほかのボランティアの人たちの今まで歩んできたこととか、そこから先の話を聞いてるうちに、人に興味が湧いてきたんです」

ボランティア活動の中で、発表の準備を手伝った同年代の女子と急接近する。

「その子の人生を語るための紙芝居を作るのを手伝ったんですよ。昼夜ずっとしゃべって、高校生に伝えたいことってなんだろうって一緒に考えて」

「手伝ってるうちに、めちゃめちゃいい子だなと思って」

どちらからともなく、自然と付き合い始めた。初めて「これが恋か!」と思える相手だった。

お互いに女子とのお付き合いは初めてだったが、同性と付き合うことに対する不安や葛藤はなかった。

「私も相手も、同性同士で付き合うことをあんまり特殊だとは思ってませんでした。ただ、好きだから付き合っただけで」

でも、付き合っていることを周りにカミングアウトすることはなかった。

「同性カップルをからかう人もいるから、相手がからかう人だなと思ったら『言わんとこう』って思ってました」

唯一、ボランティア仲間の一人には話した。

「その友だちは、まったく気にしない子で。相談も当たり前に聞いてくれたし」

「その親友の存在は大きいかもしれないですね」

周りには基本的に「とても仲の良い友人」と説明して、彼女との関係は続く。

私たちのセクシュアリティは、どれもあてはまらない

同性同士で付き合っているため、自分たちのセクシュアリティについて考えることもあった。

「でも、どれも私たちには当てはまらないよねって思ってました」

「お互い、女子と付き合うのはこれが初めてだし、そもそも恋愛対象が女性だけっていうわけでもないよねって」

そのとき、「パンセクシュアル」という概念は現在ほど広まっていなかったこともあり、適当な言葉にはたどり着かなかった。

「私たちのセクシュアリティは分類できないなら、分類しなくてもいいんじゃないって」

何かのセクシュアリティ名に当てはめなくても、自然に付き合うことができた。

ボランティアで夢を振り返る

ボランティアで高校生の話を聞いているうちに、自分の進路にあらためて向き合うことになった。

「高校生が、自分の夢をめちゃめちゃ熱く話してくれるんですよね。それを聞いてて、こんな中途半端な自分がこの子たちの話聞いていいんかなって」

「そこから、自分のやりたいことを振り返って、進路についてもう一回ちゃんと考えようと思って」

高校のとき、一度あきらめた芸術への道に再び向き合った。そして、小さい頃から興味のあった民俗文化財について学ぶ方向に進路を変えることに決める。

幼少期から自由に育ててくれた母親は、進路を変えることについても応援してくれた。

「そこに行って学びたいならそうしなさい、あんたがやりたいことなら応援するって言われました」

「遠回り」もしたが、3浪の末、民俗文化財の修復を学ぶ芸術大学に進学した。

08やりたいことを自由にやるのがモットー

仕事として民俗文化財修復の道には進まず

大学では民俗文化財の修復について学び、経験を積んだ。

「民俗文化財は、絵画も道具もオールマイティに扱うんです」

「絵画だけ、モノだけ修復する道に進まなかったのも、自分の興味が尽きない分野が民俗文化財だったからだと思います」

でも、そもそも民俗文化財の修復を「極める」ために大学に進んだのであって、その道で仕事をするつもりは、実はなかった。

「ゼミの先生から一緒にやろうよって言ってもらったんですけど、一つの道にとどまりたくなかったんですよね」

周囲からは、民俗文化財修復の仕事に就かないことを不思議に思われた。でも、両親は自分の考えを理解してくれていた。

「親としても、大学には勉強しに行きなさいっていう感じで、それが仕事につながればもうけもの、くらいに思ってたんじゃないかな」

大学卒業後は、メガネ販売店に就職した。

また異業界・異業種に挑戦

今年、30歳という節目を迎えた。

今も興味の範囲は広い。4月にIT系の会社に転職したばかりだ。人材派遣の営業をやっている。

「新しい分野の勉強ができたらいいな、おもしろそうだからやってみようかなって、転職しました」

「周りからは『なんで? 全然違う仕事やん』って言われました。まあ、そうだよねって(笑)」

幅広く興味をもつ分、飽き性なところもある。だから、常に新しいことを勉強していたいと思っている。

「知ろうと思ったら追求するほうだと思います。『広く、浅く』じゃなくて、広く好奇心をもって、気になったものを深掘りするのが好き」

アート、カメラ、料理、スポーツ・・・・・・これからどんなものに出会えるのか楽しみだ。

09 パンセクシュアルとして声を上げること

パンセクシュアルだけど、セクシュアリティはグラデーション

現在、自分のセクシュアリティを表すとしたら、パンセクシュアルだと考えている。

「セクシュアリティはグラデーションだって思ってるので、自分のセクシュアリティに対して疑問がないんですよね、好きななった人がたまたま女性、たまたま男性だったってだけで」

性自認についても「私は私」と思っているが、女性として生まれ育っていることに違和感はない。

「私はこの体で生まれてきて、みんなに愛されて育ってきた。それが自分の個性、ある種のセクシュアリティだと思ってます」

恋人じゃなくて、家族になりたい

現在付き合っているパートナーとは、2年前に職場で知り合った。付き合い始めてから1年ほどになる。

「彼女は、本来人とあまり深く関わろうとしない子だったんですけど、でもなぜか、急にご飯行こうって私を誘ってきたんです」

「彼女本人も、知り合ったばっかりの人と2人きりでご飯に行くのがびっくりだったみたいで(笑)」

女性と付き合うのはこれで3人目。前の2人は「恋人」だったが、今のパートナーは「家族」だと感じている。

「私自身、ずっと人と一緒にいるのが苦手なんです。でも、彼女とは家族として永く一緒にいたいって初めて思いましたね」

彼女と「結婚」したいから、声を上げる

彼女との将来を考えるようになってから「このまま、自分は何も動かないままでいいのか?」と考えるようになった。

「それまでは結婚願望もなかったんです」

彼女と家族になりたいと思っても、現状では日本で同性婚はできない。

「でも、彼女と家族になりたいと思ってから、だれかが世の中を変えてくれるのを待つんじゃなくて、自分も世の中を変えていく一員になろうって思って」

「彼女との関係を公にする」という目標に向かって、LGBTERに出て自分の話をしようと決意した。

「私みたいな、セクシュアリティそのものに悩んできてない人って、現状に大きな不満もないから、声をあげない人が多いと思うんですよ」

「でも、実は深堀りしていくと、今まで悩みだと気付いていなかったことがあって。だから、声を上げていく必要があると思うんです」

「声を上げてない人も、私のLGBTER記事をきっかけに『こんな人もいるんだ』って知ってもらって、一緒に声を上げてほしいなと思って応募しました」

世の中が変わっていくきっかけに、自分もなれたらいいと考えている。

10彼女との関係を、いつかオープンに

いつか家族にもカミングアウトを

今のところ、自分の家族、パートナーの家族の両方ともに、二人の関係をカミングアウトしていない。

でも、パートナーの家族とは頻繁に会っている。

「彼女のお母さんは、私のことを娘とめちゃめちゃ仲良い友だちだと思ってます」

「でも、カミングアウトしてもそんなに拒絶されないんじゃないかな。お母さんと一緒にご飯作ったりするくらい、私のことめちゃめちゃ気に入ってくれてるんで(笑)」

自分の家族にもセクシュアリティをカミングアウトしたことはないが、感づいているのではないかと思っている。

「2番目のお兄ちゃんは、初めて付き合った彼女に会ったあとに『あの子と付き合ってんの?』って聞いてきたんですよね。だから、今の彼女と付き合ってることも全然気にしないんじゃないかな」

「私のお母さんも、ジェンダーレススーツをすすめてきたし」

彼女とタイミングを相談しつつ、いつか自分たちの家族に関係性を明らかにしたうえで、あらためてあいさつできたらと思っている。

憩いの場のコーヒーショップを開く

興味のあることの一つに、コーヒーがある。いつか自分のコーヒーショップを開きたい。それが夢だ。

「今の仕事に転職して時間ができたんですよね。その時間で、コーヒーに対して知識を深めたり、資格を取れたりできたらいいなと思ってます」

「30代は貯金を頑張って、いつになるかわかんないですけど、自分のコーヒーショップを出して、みんなの憩いの場所を作れたらいいなと」

「人生は一度きりなので、今あるこの自分でできることを何でもやりたいって思ってます」

自分じゃないと手に入れられなかったものもある。これからも、好奇心が尽きることはない。

 

あとがき
「・・・みんなに愛されて育ってきた。それが私」と何のてらいもなく話す。とても心地よい空気が私たちを包んだ。一緒に過ごした時間のくつろぎは、千都さんからあふれたものだった■たいていのことを楽しめる?! 先入観や固定概念をもたずに、ことに当たれる千都さん。現状のどこにピントを合わせるかで楽しさは広がり、しあわせになれるんだと思った。みんなが憩えるコーヒーショップ、彼女と家族になりたい・・・やりたいことリストは増えるばかり。 (編集部)

関連記事

array(1) { [0]=> int(28) }