PIECE

Milla’s Story – The Journey of a Transgender Child

2016/05/03/Tue

In November 2004, I found out I was pregnant with out second child.
2004年11月、私は二人目の子を妊娠しました

At our 20 week scan, we were happy to find out we were expecting another girl.
20週目の検診で、赤ちゃんは女の子であることがわかりました

on the 15th May 2005, we were thrilled to welcome the arrival of Milla Taige Brown.
2005年5月15日に誕生した女の子を「ミラ」と名づけました

She was healthy, happy and full of personality
彼女は、健康で元気な女の子でした

From as young as two, Milla would refer to herself as a girl boy a girl that liked boys things
2歳の時から、ミラは男の子のような女の子でした

from very early on Milla insisted on wearing boys undies pj’s and dress up
早い段階で、ミラは男の子がつける下着や、パジャマ、服を着たがりました

we don’t have a problem
もちろん私たちにとっても、男の子が好むニンジャタートルのような服を好んでもよかったのです

Milla never really play with dolls, she preferred trucks and trains, and all thing boy
ミラはお人形で遊んだりせず、トラックや電車のような男の子が遊ぶおもちゃを好みました

Around six years old Mila refused to wear girls clothes.
6歳になると、ミラは女の子の服を着ることを嫌がりました

Everyone told us it was just a phase they’d say she just a tomboy she’ll grow out of it.
周りの人たちは、「お転婆は一時的なものだ」といいました

the problem is phases end, Most tomboy don’t actually want to be boys
しかし、成長するにつれ多くの女の子のお転婆は落ち着くのに

Milla constantly asked to have all her hair cut off
ミラは変わらずに、髪の毛をばっさりと短く切ることを望みました

I finally gave in. she was so happy.
私はそんな彼女には根負けし、彼女はうれしそうでした

One day Milla come to me into tears asking it there was any medicine I could buy to turn her into boy
ある日、「男の子になれる薬はないの?」とミラは瞳に涙をためて聞いてきました

She started making comments like why was I born like this?
「どうして私は女の子の体で生まれてきたの? 」

I couldn’t to be a boy, not just look like one, I want to be real boy.
「私は男の子になりたい。この体じゃなくて、本物の男の子になりたい 」

I could see Milla slowly becoming withdrawn and depressed she was going to be in tears every night
ミラは、落ち込んで、毎夜涙を流しました

she became increasingly distressed at the throughout of growing boobs she said if I grow boobs, I am going to cut them off
彼女は、胸が膨らんでいくことが嫌で、もっと膨らんだら切り落とすと言いました

his wasn’t just a phase.
これはただの発達段階ではなかったのです

some thing needed to be done.
私たちは何かしなければいけない、と思いました

we took Milla to see an endocronologist and a child psychiatrist for a series of test.
ミラは分泌科と小児精神科でテストを受けることになりました

Mila has been diagnosed with Gender Disphoria
ミラは性同一性障害でした

Her gender assinged at birth dose not with how she feels inside
彼女の生まれ持った性は、心の性とは異なっていたのです

Milla was born female but her brain identities as male
ミラは女性として生まれましたが、彼女の脳は男性として認識しているのです

this is something that isn’t her genetic make up. it hasn’t been caused or encouraged by our parenting.
これは、彼女の遺伝子上の問題でもなく、両親によって導かれたものでもありません

it is not something she was talked into and it is not something she can be talked out it
彼女は誰かに言われたわけでもなく、またそれを言いくるめることもできません

it is what it is
それはそういうものなのです

As parents we promised to love our kids unconditionally.
親として、私たちはどんな状況でも子供を愛します

we have been advised by Milla’s doctors to allow her to transition as soon as possible
お医者様には彼女が変わっていくのを、見守ってあげるようにと助言されました

we have no doubt in our minds that Milla is fully invested in her plight to be recognised as a boy.
ミラは男の子として見られるように全力を注いでいました

the only thing that has changed focus is pronouns
唯一、ミラを呼ぶとき、男の子として呼ぶことに気を配りました

we support this whole heartedly
私たちは心から、彼女をサポートします

A frightening percentage of our transgender community suffer mental health issues
トランスジェンダーコミュニティの多くは、心のケアの問題で悩まされています

All due to the lack of acceptance constant bullying they are subjected to everyday.
彼らを理解しない人々によるいじめが日々話題になります

around half self harm or attempt suicide
半分の人が自殺を図っているのです

we are not willing to let our child become a part of those statistics
私たちは、自分たちの子供がこの統計に加わってほしくありません

all we can do is equip our son with the skills necessary to cope with small minded people.
私たちにできることは、理解しようとしない人たちと上手につきあう術を身に着けるよう教えることです

being transgender is not a choice
トランスジェンダーであることは、選んで決めた道ではないのです

trust me it’s not a life you would choose for your child
子供のために選んだ人生なのではありません

“Hello My name is MIlla It’s not easy being me, I have to do this for you I feel I ‘m in a wrong body. I am having a really hard time a school at the moment. Kids tees me all the time. they call me shim gay girl. people don’t just understand me. nobody want to be my friend. I just want people to accept me for who I am. I’m lucky that I have own, and also my family support me 100%. I have to say I want to take next step. From today, I want to move and be known as a boy. I hope you have real support.”
こんにちは!ミラです。
私が私らしくいるのは簡単じゃない。
私は間違った体で生まれてきたの。学校生活は大変。 周りのみんなはいつも私の事をからかうの、ゲイだって。 みんな理解してくれないの。誰も私の友達になってくれない。 私はただ、みんなに私のことを認めてもらいたいだけ。 私には理解してくれる家族がいて、支えてくれてる。 私は次のステップを踏みたい。今日から男の子として生きることにした

Our child deserves the right to be happy like any other.
私たちの子供は他の子と同様、幸せになる権利があります

this is our family
これが私たちの家族です

and this is our amazing son.
そして、私たちの素晴らしい息子

he is still healthy
彼は健康で

full of personality
魅力にあふれ

and now extreamly happy.
そして、とってもハッピー

Everybody is fighting a battle you know nothing about
みんなが色々なことで日々戦っているのです

Remember to be kind always
つねに人にやさしくあることを忘れずに。