PIECE

Life as a 5 years old transgender child

番組NBC Nightly News youtu.be/kVmau1cM5TU Life As A 5-Year-Old Transgender Child | NBC Nightly News youtu.be NBC's Kate Snow hears from a family who describe their emotional decision to allow their young daughter to transition into boyhood. » Subscribe to NBC News: ...

2016/04/01/Fri

男性アンカー:成人のトランスジェンダーについて知る機会がテレビや雑誌で増えています。最近の子供のトランスジェンダーについてのレポートです。

女性リポーター:アメリカでは現在700,000人の成人のトランスジェンダーが存在すると言われています。しかし、子供のトランスジェンダーがどの位いるのか、正確にはわかっていません。 子供がトランスジェンダーであると公表する家族が増えてきています。

ナレーション:ここにいるのは、5歳のジェイコブ・リベイです。彼は空手と犬、宇宙船、妹たちと遊ぶのが大好きです。

リポーター:2人の妹、そしてあなたがお兄さん?いつもお兄さん?

ジェイコブ:ときどきお姉さん

リポーター:どうして変わったの?

ジェイコブ:だって男の子になりたいから

ナレーション:3姉妹の一人として育てられたミアが2歳になったとき、彼女は 自分が男の子だと言い始めました。

リポーター:そういう時期だとおもいましたか?

父:そうであるといいな、とおもいました。

ナレーション:彼女は名前の書き方を覚えましたが、その名前はすぐに消されました。

Jacob(MIA):「JACOBって書きたかった」

リポーター:「JACOBね。あなたが選んだ名前ね」

ナレーション:髪型にもその傾向は現れます。

美容師:「ミア、気に入ったかしら?」

Jacob:「本当はこういう風になりたかったの」

リポーター:「どうしたらいいか、と思いました?」

母:「どうして神様は間違いをおかしたのかと。私は困惑して、また考えさせられました。 彼の男の子になりたい、という願望がなくなってくれればと期待もしていました」

ナレーション:しかし、それは次第に強くなっていきました。
彼女(母親)はその答えを探しました。

母:彼女は男の子の遊びを必要とし、また男の子と話しているように見えることがありました。 それは日常的になっていきました。

それらはトランスジェンダーの子供の特徴です。 持続的で、継続的、そして主張的であること。 彼女は、これらにすべて当てはまりました。

小児科医によると 「性の一致はとても早い段階で形成されます」

3歳から5歳の子供が男の子か、女の子か知るということは、ノーマルなことなのです。

ナレーション:昨年、家族はディズニーワールドに行きました。4歳のJacobにはチャールズ王子の恰好をさせました。

母親:彼はとってもハッピーでした。彼は自分が何をしたいか、わかっているのです。

ナレーション:悩んだ時期を経て、両親は彼に今後どうしたいかと聞くタイミングだと思いました。

父:「私は彼に、新しい学校に最初から、男の子としていくのはどうかな?」といったら、彼は それが僕の望みだよ、と言いました。

母:彼は「ぼくはいつでも男の子でいたい、Jacobでいたいんだ」といったのです。

ナレーション:6月に彼は髪を短くしました。友人たちにはJacobと読んでもらい、外では男の子として

リポーター:彼はまだ検査やホルモン治療などは受けていませんよね?

母・父:それはまだまだ早すぎます。

ナレーター:世間的には、彼は若すぎると感じると思いますが

母:母親の気持ちとしては、彼は苦しんでいると感じるのです

ナレーション:しかし多くのトランジェンダーの子供を診るドクターは、早い段階の家族内の変化をサポートしています。

Doctor: 私たちは今まで、男の子になれない、女の子じゃないでしょなどと自分の意志を否定されてきた子供たちを見てきました。彼らはとても苦しんできました。

ナレーション:トランスジェンダーの人は、不安症やうつになるリスクがあります。2011年の調査によれば 41%の人は自殺を考えるということです。

リポーター:両親にはもう少し待った方がいいのではと伝えないのですか?

Doctor:何もしないよりはいいのです。

父:結局 ジェイコブは自分で決断しているのです。

ナレーション:そして現在、ジェイコブは自分自身を受け入れているのです

リポーター:自分のどこが好き?

Jacob:男の子になったところ

母:準備はバッチリかな?

Jacob:もちろん!

母:私はJacobに私がどれだけ彼の事を誇りに思っているか知ってほしいです。 どんなことがあっても彼を信じているし、彼の味方です。 彼を愛しているし、これからもずっと愛し続けます。
だって彼は私の息子ですから。